在宅ワークもひとつの手段

Pocket

主婦の在宅ワークについて思うこと

朝から、主婦の在宅ワークについて、あさイチで放送していましたが、主婦こそ、自由に働けなくてはならないのではないかとつくづく思います。

育児だけでなく、介護もあるという方もいるかと思いますし、それぞれの状況に合わせた働き方ができたらと思います。

また、障害がある方々も同様に働きたくても働けない状況があるのではないかと思います。

 

在宅でできる仕事

私の場合、会社に行かなくてもできることを会社員の時にしていました。

それは、Webプログラマー、SE(システムエンジニア)です。

たまたまではありますが、在宅でのアルバイトという形で、お仕事をいただいたのをきっかけに在宅で仕事をすることを視野にいれ、積極的に動くことができました。

結果的に、今は、WordPressによるウェブサイト制作をさせていただいています。

他にも、Zoomを利用することで、オンラインの講座やセミナーを開催することもあります。

私の場合は、Web関係の仕事に携わることが多いのですが、自分の得意なことで在宅でできることはないか、検討してみるといいと思います。

 

障害と共存する

自分自身がADHDであると宣告されてから、あれこれ悩む日が続いています。

ADHDが厄介なのは見えない障害だということではないかと・・・

見た目は健常者と一緒。つまり、『やればできるのにやらない人』になってしまうのです。

しかしながら、本当は違う。さらにいうと、ADHDでもその症状は人それぞれ。自分自身を見つめ直して、自分のカタチをきちんと見極めなければいけません。それが、自分の強みを探すきっかけにもなると思うからです。

 

 

自分にできることは何か?

自身の経験だけでなく、想像力をもって少しでも力になれないかと考えています。なかなか形にできずにいますが、ひとつひとつやっていきます。

 

今日も1日、心穏やかに過ごせますように。